走行距離や型式によって期間を短めに

現在日本で販売されている自動車の平均寿命はおよそ10年、走行距離に換算すると10万kmほどとされています。これだけ長い間は知ることが出来れば文句はないという方もいるかと思いますが、この期間はあくまでも平均期間で、ぞんざいな使い方を続けていた自動車はもっと短い間に使用不能になることもあるそうですし、逆に大事に使い続けた自動車はもっと長い間使う付けることが出来るはずです。もし現在所有している自動車を長く使い続けたいのであれば出来る限り短いスパンで定期点検を行うようにしてより確実に長期間自動車を使えるようにしましょう。
現在の日本の法律で定められている自動車の定期点検の感覚は1年おきか2年おきとされています。しかし中には6ヶ月点検という短い期間が必要な自動車もあるので注意が必要です。こうした短いスパンの点検が必要な自動車は主に極端に長期間走行している自動車や製造された年月が古く、現在の基準よりも脆い自動車を使用している場合はより短い間隔である6ヶ月おきの定期点検を行なったほうがより安全性を高める形で乗り続けることが出来るので、普段から特殊な自動車や走行距離が長い古い自動車に乗っている方は必ず短い間隔で定期点検を行うようにしてください。