故障の早期発見で安全に

自動車の寿命はおよそ10年、走行距離で換算するとおよそ10万Kmとされています。その間に各パーツはどんどん劣化していき、寿命を迎える前に故障する可能性も出てくるので、定期的に間隔を空けて検査を受けるようにすることで一部のパーツの故障を防ぐことが出来ます。法律で義務付けられている点検期間は1年おきか2年おきとされていますが、以前は6ヶ月おきという短い範囲での点検が求められていたそうですが、果たして6ヶ月点検は本当に必要なことだったのでしょうか。現在の1年おきや2年おきの点検と比べると6カ月おきの点検は少々間隔が短いのではと感じてしまいますが、間隔が短ければ短いほど故障を早期発見できる可能性はより高くなるため、6ヶ月おきくらいの感覚のほうが安全性が高いのは間違いないでしょう。しかし本当に6ヶ月おきの間定期点検を行うようにすると維持費が馬鹿にならないので、この方法を利用するのは相当金銭的に余裕がある方くらいしか出来ないのではないでしょうか。ですが最近は2年おきの検査すらしないで車検だけで安全性を確認しているという方もいるそうなので、せめて6ヶ月おきに自分の手で異常が無いかを確認するようにしても良いのではないでしょうか。